« 「不時着」 | トップページ | まるでダシガラのようだ »

2009年8月 5日 (水)

いまは消去法で海です...

小さい頃はよく山に連れて行かれていました。
正確には山間の避暑地、でしょうか。YMCAの宿泊施設が御殿場と野辺山にあって、どちらかに数家族で行く...というパターンが、子供の頃に出来上がっていました。
山はいやだったなあ。
泳げないし(御殿場にはかろうじてプールがありましたが)
ヤブ蚊は多いし。
お魚が不味いし。

花が綺麗だったり、空気が美味しかったり、いいこともいろいろあったはずなんだけどね。でも昼間からひろひろひろひろと高い声で鳴くひぐらしだらけの山が、とても怖く感じられたことも確か。

今は選択の余地なしで海。なにしろ、
春は杉花粉が、
夏は今まで以上に蚊が(虫さされ厳禁)、
私の行く手を阻む。
こんなことなら、もう少しちゃんと明るい山を楽しんでおけばよかったかもしれません。

もちろん海も怖い。
海にいるのは、
あれは、浪ばかり。

とはよくぞ言ったものです。
この前、鴨川の浜辺に行きましたが、離れたところから眺める、打ち寄せる高い浪は心底怖かった。ちょっと気を抜いた隙に誰かをさらって行きそうで。
....まぁ初手から怖い面をちゃんと見せている海と、ちょっと見綺麗で実は恐ろしい山とを比べれば、手の内を明かしてくれている海の方が良心的ではあると思います。

コネタマ参加中: 夏に行くなら、あなたは海派? 山派?【ココログ選手権】

« 「不時着」 | トップページ | まるでダシガラのようだ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いまは消去法で海です...:

« 「不時着」 | トップページ | まるでダシガラのようだ »