« PSPで「初音ミク・プロジェクトディーヴァ」を | トップページ | ロゴスギャラリー行ってきました »

2010年11月10日 (水)

地に足がついてます

うーむ、手堅いなあ。
というのがぱっと見た印象。
たしかにテーマに沿ってデザインを展開して行くと、こういう「まず必要だよね」という服に行き着くのですが、そこから発展した「遊び」の要素もちゃんと押さえてる。
かなりのキレ者だと思いますよ>salon de monbonさん

この着回しの可能性も含めてきっちり練り上げられた作品群が形成されていった背景には、イベントで服買って帰ったお客さん達がそれぞれ持ってるサイトであれやこれやコーディネートしてるのをしっかり見てきてる、て要素がもしかしたらあるのかなとちょろっと思いました。
これだけ手の込んだ服だとそれなりにお値段しますんで、手持ち服や小物のあれこれと合わせて自慢したいですよね、お客さん的には。ぴっちり単独ブランドのトータルコーディネートももちろんいいですが、いろいろなメゾンの服と寄り添いあうことで互いの魅力がより増すスタイルもあなどりがたい。
そういう中でsalon de monbonさんの服は愛されて来たんだなあというのが、この本を見てると、なんとなくだけど想像出来ます。

いままでもしかしたらなかったかも、な、momokoの着物型紙が入ってるという点だけでも買う価値アリアリなんですが、「ドール・コーディネイト・レシピ11」、読めば読むほどおもしろくなりそうな予感がしてます。

にほんブログ村 コレクションブログへ<じっくり読み込む秋の夜長よ

« PSPで「初音ミク・プロジェクトディーヴァ」を | トップページ | ロゴスギャラリー行ってきました »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

着せ替え人形」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地に足がついてます:

« PSPで「初音ミク・プロジェクトディーヴァ」を | トップページ | ロゴスギャラリー行ってきました »